オミクロン感染拡大していますので日常において三密、マスク着用等の防止策を継続して講じて頂ければと存じます
当サイトも、国内初情報開示によるマッチング直接取引サイトとして開設し皆様の御支援で早11年を迎えようとしています
当時マッチング取引を取引内容の説明が必要でしたがメルカリを筆頭に日常社会においてマッチングと言う言葉が浸透しマッチングは、当たり前の言葉となりました リゾート会員権流通業界は、ゴルフ会員権流通市場のような一律制はございません文字同時流通業者を主とした取引内容となっており取引の透明性がないのが現実でした 当リセールマーケットは、開設時より取引において双方の情報開示、公平、双方様直接取引を当サイトの主条件として多くの方々にトラブルなく今日迄取引を頂いてきました
今後も皆様に公正、納得のリセールマーケットで会員権取引を頂きますよう努力させて頂きますのでご愛顧ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。
 
 

令和 4 年   吉日                   CEO    遠 藤 勝次   
 

 

ライフコネクション概略

平成7年にグッディライフの前身として東京都豊島区東池袋で創業し不動産コンサル及び不動産管理、携帯電話斡旋業務として活動していましたが平成9年流通会社設立に参画しその後グッディライフ設立により長期間業務を停止し現在に至つていましたが社内業務変更によりグッディライフよりリゾート会員権マッチングに特化したリセールマーケット運営業務を引継ぎさせて頂きました。  

 サイト運営担当  ライフコネクション   〈 Life Connection 〉
   
  ....皆様のライフスタイルに新しい風をとの意味で当時命名しました....
  業務内容
 リセールマーケットサイト運営
   マッチングサイト企画及び運営
 Web HPサイト制作及び企画
 Webによる通信販売及び企画

取引銀行  きらぼし銀行 〔旧八千代銀行〕
所在地 

 渋谷オフィス
 
東京都渋谷区神宮前6-23-4-2F

電話 : 03-5935-8182   FAX : 03-6800-3150

練馬サテラィト
    オフィス
    事務業務受付
東京都練馬区大泉町6-20   合同会社 グッディライフ内

 事務業務は、練馬サテライトオフィスでの対応となります    
大阪サテライト
          オフィス
大阪府吹田市に2/15日 移転

 
誠に恐れ入りますが 只今、コロナウィルス感染拡大により
  テレワークでの業務としております

 サイト  サイトアドレス : https://www.webglc.jp   メールアドレス : info@webglc.jp 
取引先

各法人企業、各個人様.医療法人様.監査法人様.会計、税理士事務所様.弁護士事務所様.

リゾートクラブ運営会社様他(記載は、リゾート関連となります)    



 
関連会社  合同会社 グッディライフ
    平成22年設立  資本金200万
  不動産コンサルタント.防犯機器販売.営業代理
 会社沿革
当サイト運営は、リゾート運営会社(リゾートトラスト)及びリゾート流通会社(10数年リゾートトラスト取引認定業者及び日本リゾートクラブ協会加盟)にてリゾート会員権業務30年の経験時より自由に運営会社、流通業者の束縛なく取引できるリゾート会員権流通情報サイト“リゾート会員権流通市場”として平成19年より発信を開始いたしました。平成20年より不動産コンサル業務に主力を置き、上記記載のとおり皆様よりの再活動のご要望により従来より流通において運営会社様及び流通業者介入が無く自由に取引出来るシステムをと思案していましたが、欧米では通例化している直接間取引〔企業:BtoB . 個人:CtoC〕を導入し平成22年合同会社グッディライフとして国内業界において唯一のリゾート会員権マッチング取引の活動を開始しました。平成23年10月東京目白にオフィスを新設し平成23年サイト名も新たに[リセール会員権マーケット]とし発信を開始し、翌24年9月大阪にサイドオフィスを関西圏業務展開により開設し、東京オフィスを練馬豊島園に移転。平成26年2月東京オフィスを統合し大泉学園へ移転サイト名もリゾート会員権リセール〔再販〕を明確化する為、リゾート会員権フリマサイト[リセールマーケット]として本格的にリゾートクラブ運営会社様の傘の取引認定指定を受託せず双方が自由に納得の直接個人間取引(CtoC)できる【契約の自由】に基づくシステムとして情報サイトとして発信を開始。微力ですが流通業界において皆様に健全、公平、納得、クリーンなマッチング取引をサポートをさせて頂いております。取引においては、流通業界では全くない双方の当事者情報開示による(個人情報保護法に基づく以内)、マッチング交渉、取引合意確認迄会員権取引完了まで安心サポートさせて頂いており今日迄多くの方に当サイトをご利用頂きご満足のお声を頂いております。
新年号よりリゾートマッチングサイト運営窓口をライフコネクションに移行しグッディライフは、不動産コンサル業及びセキュリティ機器販売業務とさせて頂きます 尚、12月1日より事務所を渋谷区に移転しいたしました 本年も旧倍のご支援をお願いいたします
 代表プロフィル
福島県出身 10数年リゾート業界大手の営業職にて勤務し退職後不動産会社で販売、企画開発業務を経験した後、平成9年リゾートトラストOB多数とリゾート会員権流通会社を設立しエクシブ取扱実績を業界大手に拡大。平成19年“リゾート会員権流通市場”としジャパントータルクラブに特化した専門サイトの発信開始し、業界取扱実績N01となる。平成20年より長年のリゾート会員権流通会社を離れ不動産コンサルとして商業ビル、土地活用等事業用不動産の企画等コンサル業務に専念し都内商業ビル、事業用マンションの建設のコンサル業務開始致し都内に何棟かプロデュースしている中において皆様より流通業務の再開のお話を多数頂き、透明化が進捗しないリゾート流通業界の流通システムを鑑み現在の大手メルカリフリマ的な双方が公平取引ができる個人間直接取引“CtoC”を導入した対面的リゾート専門流通情報サイトリセールマーケットを開設しサポート開始、リゾート業界30年の会員権経験知識のもとにコンサル業務を通じ経験を活かし微力ながら皆様の取引サポートをさせて頂いてます。
   
 
               渋谷オフィス

当サイトは、ご購入者、ご売却者のマッチング取引サイトですのでリゾート関連関係者のご利用はお断りいたします 又、反社会的関係者の偽称による当サイトの情報受託等が判明いたしましたら営業妨害として法的手段をとらせて頂きます。


 

24時間メールでの受付をいたしております 受付は、24時間お受付けしておりますが、
ご連絡が遅れる場合もございますのでご了承の程お願い申し上げます。
お急ぎの方は、FAXにてお問い合わせください。


TEL&FAX :東京オフィス

TEL O3-5935-8182 FAX 03-6800-3150


平日 : 9:00〜19:00
土日・祝日 :10:00〜18:00
 

最近のリゾート会員権価格について

長引くオミクロン感染拡大も沈静化気味だが再度新型も出てまだまだ通常の日常生活もまだ時間がかかりそうである リゾート会員権価格も長引くコロナ感染防止により高齢者及び法人の売却者が増加したが少し落ち着き過去の市場価格と比較し一部東京ベイコート倶楽部、東急ハーヴェストを除きまだリセール価格は、一律ダウン傾向である 特に流通業者の取扱件数の多いエクシブは、市場の約60%を占めているが同様に大型ルームタイプを除きリセール価格は、ダウン傾向であろう GW後の売却者により価格の変動が出る可能性があろう

 

リゾート仲介市場の役割

 ここ2.3年前よりインターネット上に会社内容の掲示がなく特にエクシブ、ベイコート倶楽部の売買情報だけを出した掲載をよく見るが何故サイト運営会社所在地、会社内容を掲載しないのかわからない 自由競争時代だから消費者の方にメリットのある会員権情報を提供するのは良いが情報発進する以上運営会社の情報開示は当たり前の話だが最低必要と思う 同じ会員権流通市場のゴルフ会員権流通市場においては、情報開示サイト内に会社内容が必ず開示されている まだまだリゾート会員権流通市場は、消費者よりの信頼性が薄いと残念なが思う
因みに当サイトも同様だが リゾート流通業者においては、インターネット情報による情報営業にて少数人員で運営している流通業者がほとんであるのが実情である 言葉が悪いが隙間商法と言っても過言でもない業種であるが信頼性は大事かもしれない

 

今後のリゾートクラブのあり方は

オミクロン株感染も一時沈静化しGWを迎えクラブ施設も通常稼働となり会員の利用対応を
している まだまだ安心はできないが長期化のコロナ感染拡大においてホテル施設の利用者への感染防止対策等万全の対応ができていると思うので集客対応は安心であろう
さて、リゾートクラブも購入した後利用ができなくては、意味がない 現在国内において数多いリゾートクラブがあるが会員数増加等により会員の利用に支障をきたしているとの話も聞き始めているがリゾートトラスト社においては、エクシブの新しいシリーズにおいては、従来会員利用日数を減らした会員権募集を実施し始めた 会員の利用あってのクラブ維持といち早く対応したと思われる 又、会員制には、記名式もあり会員利用優先としているジャパントータル社がある 
最近リクエストにおいて一番に聞かれるのは、利用についてが多いが流通業者立場として回答している 
因みに譲渡対応にておいては、新規募集価格との関係と思われる高額な名義変更料を提示して譲渡が困難 として会員の譲渡を阻止しているクラブがあるのは残念である